Concept

障がいや病気とともに生きる方々が、生活し、働き、表現することには様々な困難が伴います。その多くは、私たちの心にある「障壁=バリア」に原因があると考えます。

障がいは障がい者にあるのではなく、社会の側にあるのです。

バリアフリー・フィルム・パートナーズは、映画が持つ「観る者の心を動かす力」でそのバリアを内側から取り除き、障がいや病気があるからこそより一層魅力的に輝ける、真のバリアフリー社会を作っていきます。

 

映画を通して「心のバリアフリー」を訴える。

若い方々にも親しみやすいファッションモデルを題材としたストーリー
映画としての魅力を追求して観客を引き込み、楽しみながら無理なく「心のバリアフリーとは」を考えていただきます。

リハビリテーションをポジティブに描く。

リハビリテーション医療の重要性と社会復帰を丁寧に描く本作は、障がいを持った方々に「希望」を届け、活躍を推進します。
また、誰でも障がいを持つ可能性がある超高齢社会のいま、社会全体の活性化のためにも役立てていきます。

出演者もバリアフリー。

演技には障がいの有無は関係ありません。観客の心を動かすことができれば、スクリーンの中では誰もが対等です。しかし、映画で活躍する障がい者は少ないのが実情です。
本作には、障がいや病気とともに生きる方々が多数出演し、誰もが輝ける社会を実現します。

当会の収益を障がい者支援団体等に寄付。

当会に当映画による収益があった場合、全額を障がい者支援団体・がんサバイバー支援団体等に寄付
また、映画館での劇場公開以外にも、上映会用に映画を貸し出し、全国で自主上映イベントを開催するなど、長期に渡って映画を活用した啓発活動を継続していきます。


 

本当のバリアは、私たちの心の中にあった。

bfp-imagephoto-futari1

bfp-imagephoto-hokou1

bfp-imagephoto-sanbashifutari1

bfp-imagephoto-genso1

イメージショット。※実際の出演者とは異なります。