Comment

 

ご推薦コメント

bfp-prof-noda1

衆議院議員 野田 聖子 様

平成26年1月、日本は国連の「障がい者の権利に関する条約」に批准しました。

これにより、障がい者の人権や基本的自由の享有を確保し、障がい者の権利を実現するための措置が義務化されます。

現在の日本でも新しく建てられる建物は、ほとんどが障がい者や高齢者の方々にも利用しやすいユニバーサルデザインが採用され、バリアフリー化が進んでおります。

そもそも「バリアフリー」という言葉は、障がい者など身体に不自由のある方々にとって物理的に障害(バリア)になるものを取り除く(フリーにする)という意味がはじまりです。そして現在では、物理的な障壁のみならず、資格・免許取得など制度的な障壁や文化・情報の取得する権利の確保、そして差別など意識上の心の壁などこれらすべての障壁をなくすことを指しています。

それでは、日本でこれらのバリアフリーがどこまで進んでいるかを考えたとき、もっとも理解が進んでいないのが「心のバリアフリー」ではないでしょうか。

どうしても意識のないところで知らずしらずのうちに、障がい者に対して見えない壁を作ってしまい自然な形で接することができないことがよく見受けられます。障がいがあることが「ふつう」であるという理解がまだまだ進んでおりません。

この映画はそのような心の壁を内側から取り除くことを目的として制作しております。心のバリアフリーが進めば、障がい者の方々が普通に働き表現できる社会がきっと実現できます。

政治家として、障がいを持つ息子を抱える一人の母親として、この映画を通じ障がい者が輝けるポジティブな世界になることを期待してやみません。

みなさまにもご理解ご協力をよろしくお願いいたします。

bfp-prof-yokokura1

日本医師会 会長 横倉 義武 様

 

わが国における障害者施策は進んだとは言え、駅などの公共施設を見てみますと、欧米諸国に比べれば依然として遅れている状況にあります。

2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催に向けて、さらに整備が進んでくると思われますが、その際にはハード面だけではなく、ソフト面、つまり、心のバリアフリーを進めていくことが不可欠です。

そういった意味においても、本事業は大変意義あることであると考えています。

また、本作品はリハビリテーション医療の重要性を伝える内容になると聞いています。早期にリハビリに取り組むことは、われわれが目指す健康寿命の延伸にもつながることであり、映画の完成を楽しみにしております。

bfp-prof-harada1

資生堂 トップヘア&メーキャップアーティスト

資生堂 ヘア&メーキャップスクールSABFA 校長

原田 忠 様

※SABFA(Shiseido Academy of Beauty & Fashion)

あの嬉しそうな笑顔が今でも忘れられません。不慮の事故で車椅子の生活を余儀なくされながらも、すべてを受け入れ、卑屈にならず、悲しさや苦しさの微塵も周りに見せなかった叔父。そんな叔父を献身的に支え続けた、片足に障がいを持った叔母。美容師である母が叔父をカットし、叔母にパーマをかける。2人が綺麗になっていくまでの楽しげな会話と笑い声が響いていた、幸せに満ちた心地よいひとときがとても大好きでした。

だれかの幸せと笑顔をつくるお手伝いをすること、表面的ではない内面から湧き出る心の美しさを引き出すことが、美にたずさわる自分に課せられた使命であると信じています。

障がいの有無にかかわらず、自分の人生を生きる覚悟を決めた純粋で崇高な精神こそが心のバリアを取払い、互いの異なる価値観を理解し肯定し認めあうことが、より豊かで平和な社会の実現を目指す一歩になるという強いメッセージを孕んでいるこの映画が、誰もが自信をもって美しく生きるための「人間讃歌」として人々の心に響き続けることを願ってやみません。